猫のしつけ、噛み癖

猫のしつけ、噛み癖

猫のしつけで、噛み癖をやめさせるにはどうしたらよいかを考えてみましょう。
一般的に噛み癖のある猫の場合、手を近づけるといきなりガブっと咬みつくので、飼い主としては猫にそういった噛み癖をつけないようにしつけをしたいものです。
猫の噛み癖は、特に子猫の時に親や兄弟と離ればなれになって、1匹だけで暮らしている猫に多くみられる悪い癖です。
猫自身が、他の猫から咬まれたことがないために、咬む限度が分からないのです。
噛み癖をやめさせるためのしつけの方法の一つとして、飼い主が親や兄弟のかわりに子猫と遊んであげる中で、噛むのをやめさせる方法があります。
ただし、既に成猫の場合には叩いたりつねったりは決してしないでください。
猫の攻撃性を刺激するだけになってしまうからです。
大声で「痛い!」とおおげさに叫んで、噛まれている部位を引かずに口の中に押し込んでください。
それで驚いて離したら誉めてやります。
それでもダメな場合は、空気のスプレーを吹きかけるとか霧吹きで水をかけるなど「猫がイヤがる事」を繰り返し行います。
猫と遊んでいるときに咬みついてきたら、すぐに「痛い!」とおおげさに叫んでください。
そうすると猫は「噛むといやな事が起きる」と認識するので次第に噛まなくなります。
小さい頃から飼い主以外の人間に会わせないと人間嫌いの猫になってしまいますので、なるべく子猫のうちに沢山の人に撫でてもらって、人間好きの猫に育てるのが大切です。