猫のしつけ、トイレ

猫のしつけ、トイレ

猫のしつけでトイレのしつけはとても重要なものです。
猫の健康管理もできますので、日ごろから尿や便の回数をチェックしておくのも大切なことです。
トイレは廊下の隅や部屋の隅など、猫が落ち着いてできる場所に決めてあげることです。
動物は排泄行為を見られることを本能的に嫌います。
とても無防備な状態だからです。
ですから家の中でも人通りが少ない静かなところにトイレを設置してあげます。
不安のままするような環境であれば、猫はトイレを嫌がります。
そういう場合、他の場所でしてしまうことになるので、できるだけ落ち着ける場所をトイレとして選んであげます。
また、ネコは綺麗好きなので、こまめなお掃除とお手入れを忘れずにしてください。
猫が初めて家に来たときには、まずはトイレを教えましょう。
そうすることで大抵の猫はトイレをそこですることを覚えます。
トイレを覚えさせるタイミングですが、寝起きや食後、水を飲んだ後、遊んだ後などにトイレに連れて行くといいでしょう。
また、トイレのサインが出たら猫をトイレに連れて行ってあげます。
サインというのは、床のにおいをかぎながらウロチョロという感じです。
こうして何回か教えているうちに大抵の猫はトイレの場所を覚えるはずです。
万が一トイレの場所以外のところでしてしまった場合は、すぐにその場所を掃除して消臭スプレーなどをかけてあげましょう。

そこがトイレだとわかるまでは十分に気をつけ、トイレを失敗した場所には、猫の鼻をつけさせニオイをかがせて、そこがトイレではないことを覚えさせることも大切です。