猫のしつけ、鳴き声

猫のしつけ、鳴き声

猫のしつけで鳴き声は、猫との共同生活を営む上で最初にしつけておかないと後で苦労することになります。
鳴き声は、直接意思を伝えるためのものです。
猫はいくつかの鳴き声を使い分けていると考えられています。
おおまかには、次のようなものがあります。
@『ニャーニャー』成猫が何かを要求するときの鳴き声。
子猫の場合は『ミャーミャー』。
A『シューッ』『フーッ』威嚇をするときの声。
B『アォーン、アォーン』発情したときで、かん高く声をあげる。
C『ナーオー』嫌がっているときの声。
D『ゴロゴロ』ゴロゴロとのどを鳴らすのは、甘えているときの声。
このように、猫は意味もなく鳴いたりはしませんから、行動のどんな変化にも注意してください。
猫は病気になっても、よく自分の「弱さ」を隠そうとしますから、突然鳴き出すときは、何か普通でない行動がなかったかどうか思い出してみてください。
ひっかく、粗相する、食欲がないなどのサインは、病気の前兆であることを示します。
突然に猫の生活環境が変わった事によるストレス、不安、恐怖などから、気持ちを落ち着かせるために突然しつように鳴き出すことがあります。
メス猫が発情すると、かなり遠くからオス猫が集まってきて鳴き声を交わします。
オス猫も発情期のメスを求めて鳴く鳴き声をあげます。

こうしたことを防ぐためにも避妊あるいは去勢が必要になります。
猫が成長しきらない生後6〜7ヶ月頃が適切と言われています。
避妊、去勢のメリットは、メスの場合は乳腺や子宮、卵巣などの疾病が、オスの場合は前立腺の疾病等が予防できます。