スコティッシュフォールドの特徴は?

スコティッシュフォールドの特徴は?

「スコティッシュフォールド」の猫の品種の歴史は、1961年にスコットランドで見つかった「スージー」と呼ばれる耳の折れた白いメスの家ネコの子孫でといわれています。
「スコティッシュ」という名前づけされていますが、品種として猫血統登録団体に公認され確立されたのは、アメリカでの繁殖プログラムによって健康な猫種として固定されて以降のことです。
特徴として筋肉質で強固でしっかりとした体です。
見た目は、大きな目に対して、小さな垂れ下がった耳を持ちます。
この「垂れ下がった耳」こそが「スコティッシュフォールド」の最大の特徴でもありますが、実は「垂れ下がる耳」の発生確率はおよそ30%ほどなのです。
通常、生後3週目くらいから耳が垂れ始めますが、ストレスや病気でまたもとの立ち耳に戻ったり、それからさらに垂れ耳に戻ったりと、成長過程や環境で、変化することもしばしばある様です。
被毛の特徴は短毛・長毛どちらも、被毛は密生していて弾力があり、アンダーコートが少なくシルキーな手触りです。
全ての毛色が認められています。
性格は優しく、温和。
お茶目で愛嬌があり、とても扱いやすいネコで、特別な運動などっも必要ありません。
食事も、特に神経質になることはなく、普通の食事で大丈夫です。
お手入れはあまり神経質になる必要はなく、朝晩1回づつのブラッシングで、毛玉が出来にくくするくらいでよいでしょう。